IQOSに関するFDAの決定について​

IQOSに関するFDAの決定について​

IQOSに関するFDAの決定について​

2020年7月7日、アメリカのたばこ規制当局(FDA) ※1が米国においてIQOSを「曝露低減たばこ製品」として販売することを許可しました。
下記が詳細な内容です。

これがアメリカのたばこ規制当局(FDA) ※1の結論です:
紙巻たばこから完全にに切替えると、成人喫煙者の有害性成分への曝露が低減する。
これは、成人喫煙者の体内で吸収される有害性成分が低減することを意味しています。※2

重要情報:にリスクがないわけではなく、専用たばこには習慣性のあるニコチンが含まれます。

※1:アメリカ食品医薬品局
※2:PMIによる3か月間の曝露低減試験は、日本と米国で実世界に近い条件で実施されました。 これらの試験では、15種類の有害性成分への曝露を測定し、IQOSに切替えた成人喫煙者で観察された量と、紙巻たばこを吸い続けた喫煙者で測定された量を比較しました。