加熱式たばこIQOS(アイコス)の日本での展開

Heat-not-burn-IQOS-news

加熱式たばこIQOS(アイコス)の日本での展開

加熱式たばこIQOS(アイコス)の国内での展開について紹介します。

加熱式たばこの仕組み

加熱式たばこは、たばこ葉を燃やすのではなく、加熱することによって蒸気(たばこベイパー)を発生させる仕組みのたばこです。


日本での加熱式たばこIQOS(アイコス)の展開

日本では、2014年11月に名古屋でIQOSの発売が開始されました。その後、2015年9月にはIQOSショップ(全国8店舗)で販売が開始され、2015年末には東京をはじめとする一部地域での発売を開始。さらに翌年2016年4月からは、全国での発売が開始しました。
2017年3月には、充電時間の短縮や加熱ブレードの強化、バイブレーション機能を備えたIQOS 2.4 PLUS (アイコス 2.4 プラス)の発売が開始されました。
そして、2018年11月には本格的なモデルチェンジが行われ、よりコンパクトになったIQOS 3(アイコス 3)とチャージャー一体型で連続使用が可能なIQOS 3 MULTI(アイコス 3 マルチ)がラインアップに加わりました。