IQOS イルマのオートスタートが作動しないのはなぜですか? 

もし、IQOS イルマが自動で起動しない場合は、以下の手順でご確認ください。

 - IQOS イルマとIQOS イルマ専用たばこスティックを従来のIQOSデバイス(IQOS 3 デュオおよびそれ以前のモデル)やそれらの専用たばこスティックと一緒に使用しないでください。これにより、デバイスが損傷する可能性があるため、IQOS イルマ専用たばこスティックが挿入されているかご確認ください。
- IQOS イルマ専用たばこスティックがホルダーに正しい向きでセットされているかご確認ください。
- IQOSアプリを開き、オートスタート機能が誤って無効になっていないかご確認ください。
- ホルダーをポケットチャージャーに入れ、リセットを行なってください。ホルダーをポケットチャージャーに装填し、ポケットチャージャーボタンをライトが消えるまで10秒間長押しした後、離してください。すべてのステータスライトがオフになり、点滅した後、ゆっくり点灯したら、リセット完了です。
- ファームウェアアップデートをお試しください。手順の詳細はこちらをご確認ください。

もしIQOS イルマ専用たばこスティックが挿入されていないのにホルダーが自動で起動してしまう場合は、以下の手順を行ってください。

- ホルダーをポケットチャージャーに入れ、リセットを行なってください。ホルダーをポケットチャージャーに装填し、ポケットチャージャーボタンをライトが消えるまで10秒間長押しした後、離してください。すべてのステータスライトがオフになり、点滅した後、ゆっくり点灯したら、リセット完了です。
- リセットしても問題が解決しない場合は、IQOSアプリをダウンロードして、ホルダーのオートスタートの設定を無効にしてください。

 ホルダーは手動でも起動できます。IQOS イルマ専用たばこスティックをホルダーに挿入し、ボタンを2秒間押してください。もしそれでも起動しない場合は、IQOS カスタマーセンターにご連絡ください。

※「オートスタート」機能が失われても、製品自体の性能には影響を及ぼしませんので、引き続き同製品をご使用ください(保証対象外)。
※IQOSイルマデバイスのバッテリーの性能は長期間使用することにより劣化します。

IQOS イルマは、IQOS イルマ専用たばこスティックでのみ使用するように設計されています。 IQOS イルマとIQOS イルマ専用たばこスティックを従来のIQOSデバイス(IQOS 3 デュオ及びそれ以前のモデル)やそれらの専用たばこスティックと一緒に使用しないでください。これにより、デバイスが損傷する可能性があります。