IQOSのクリーニング方法について

IQOS(アイコス)のお手入れ・掃除の方法

アイコスのお掃除

IQOS(アイコス)のおいしさを保つためには、定期的なお手入れが大切です。ホルダー内部の底面に黒いカスがたまったら、クルピカTM綿棒を使ってお手入れをしましょう。お手入れの方法は、IQOSの全モデルで基本的に共通です。

お手入れのタイミング

ホルダー内部の底面(IQOS 3 MULTI ではキャップを外した箇所)に黒いカスがたまったら、それがお手入れのサインです。

アイコスのホルダーのお掃除

お手入れの方法

黒いカスをトントンして落とす

キャップを取り外したホルダーをトントンして、黒いカスを落としてください。
アイコスの黒いカスをトントンして落とす

クルピカTM綿棒でホルダー内部の底面をお手入れ・掃除する

IQOS専用クルピカTM綿棒(クリーニングスティック)で、ホルダー内部の底面の黒いカスをやさしくクルっと取り除いてください。ホルダーの外側やキャップの内側も同様にお手入れしてください。

【注意】加熱ブレードに直接負荷をかけないでください。破損の恐れがあります。

アイコスをクルっと拭く

ピカっとキレイになったら、いつものおいしいIQOS

底面の黒いカスを取り除いてピカッとキレイにすることで、吸いやすくなり、おいしさを保てます。

アイコスのお掃除

お手入れの道具

IQOS専用クルピカTM綿棒

IQOS専用のクルピカTM綿棒(クリーニングスティック)なら、ホルダーやキャップなどIQOSの全箇所をお手入れいただけます。

アイコスのクルピカ綿棒
IQOS専用のクルピカTM綿棒は、IQOSオンラインストアや全国のコンビニエンスストアでご購入いただけます。

IQOSオンラインストアでのご購入はこちら

IQOSクリーニングツール

ホルダー内部を、さらにしっかりお手入れしたい場合は、IQOSクリーニングツールをご使用ください。

IQOSクリーニングツールのキャップを外し、ホルダーの奥まで差し込んで、ゆっくり回転させてください。

【注意】IQOSクリーニングツールでのお手入れは、ホルダーが熱くないときに行ってください。

アイコスのクリーニングツール

IQOSクリーニングツールは、IQOSストア・IQOSオンラインストアでご購入いただけます。

IQOSオンラインストアでのご購入はこちら

お手入れ中のお悩み解決

お手入れ中にIQOSが壊れた場合

恐れ入りますが、IQOSカスタマーセンター(0120-190517:受付時間9:00〜21:00)へお電話、または、IQOS LINE公式アカウントのトーク内(24時間受付)よりお問い合わせください。

ブレードの破損について、詳しくはこちら

お手入れをしても、たばこスティックが刺さりにくい場合

たばこスティックを挿入する前にIQOSを事前加熱することで、刺さりやすくなります。IQOSの加熱ボタンを押し、加熱開始2〜3秒後に、たばこスティックをねじらずまっすぐ挿入してください。

アイコスが刺さらないときの対処

事前加熱以外の方法について、詳しくはこちら

無料クリーニングサービス実施店舗について

IQOSでは無料のクリーニングサービスを、全国のIQOSストア、ヤマダ電機協力店舗、IQOSサービスステーション(協力たばこ店舗)等にて実施しております。近くにお越しの際は、気軽にご利用ください。

上記のIQOSストアやヤマダ電機協力店舗を含む無料クリーニングサービスの実施店舗は、IQOS LINE公式アカウントのマップ機能からも検索いただけます。ぜひご活用ください。

LINEでアイコス無料クリーニングサービス実施店舗を検索

IQOS LINE公式アカウントはこちら

 

製品登録でアフター保証が「すべて0円」※1。これだけ違う安心プラン。

アフター保障「ケアプラス」は、お手入れ中の破損にも適用できます。

アイコスの保証 ケアプラス

※1 IQOSケアプラスは、2018年1月1日以降にご購入及びご登録されたIQOS製品にのみに適用されます。

※2 IQOS 2.4 PLUS / IQOS 3 はホルダー・チャージャー各1回までIQOS 3 MULTI は1回まで。

その他の詳しい条件などはこちら

関連情報:

FAQトップページへ戻る

カスタマーセンターへの連絡方法

下記のチャネルからお選びください
  • メール
  • コールバック
  • チャット